包茎手術の種類とは

包茎手術の種類とは

包茎手術とは、勃起時の状態に合わせ、余剰包皮を取り除く事です。
包茎手術は、余剰包皮の計測およびデザインを決めた上で、局所麻酔下で行われ、その方法は多岐にわたり、、環状切除術、亀頭直下縫合手術、ノン切開法等があります。

背面切開術は、包皮の開口部分から縦に切開し、亀頭が露出しやすい状態に広げてから縫合する方法で、手術時間が短く、包皮を切除する必要がないだけでなく、切開する部分も少ない範囲で済むメリットがあります。

環状切除術は、ペニスを出来るだけ伸ばし、余分な包皮を環状(輪切り)に切除し縫合する方法で、失敗が少なく、裏スジを切断しない為、性的感度の低下が避けられます。

亀頭直下縫合手術は、勃起時のペニスの全長に合わせて余分な包皮を切除し、亀頭のすぐ下にあるカリの部分で縫合する方法で、傷跡が目立ちにくく、起時のペニスの全長に合わせて包皮を切除する事から、術後に包皮が突っ張るような違和感が生じにくいメリットがあります。

ノン切開法は、包皮を剥いて亀頭を露出した状態で、包皮を接着剤で固定、もしくは包皮を数カ所縫合して固定する方法で、余分な包皮を切除しない為、術後の痛みや傷跡が残る事がありません。

包茎手術により、勃起時に合わせ余剰包皮を切除する事で、非勃起時も皮がかぶらないようになりますが、病院によって採用している方法が異なる為、自分に最も適して方法をしっかり見極める事が大切です。

包茎手術・包茎治療を岡山市でするならココがお勧めへ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ