包茎手術がすすめられる理由について

包茎手術がすすめられる理由について

ペニスが勃起した時に包皮が自然に後退して亀頭が露出すれば、平常時に包皮に被われていたとしてもそれは仮性包茎と呼ばれ、性交には支障はありません。反面、勃起しても亀頭が露出しない、さらに包皮をめくろうとすると痛みを感じる場合、それは真性包茎と呼ばれ性交に支障が出ます。

真性包茎では包茎手術が必要になります。包茎手術そのものは簡単で、日帰りできます。病院でもクリニックでも広く対応していますので、ウェブ検索などで比較し、どこで手術を受けるか決めるのがよいでしょう。インターネットでは口コミや比較などの情報サイトもあります。

ところで今日では包茎に関する知識も女性の間で広く認識されています。その結果、真性包茎はもちろん、仮性包茎も嫌われるようになってきました。その理由は、真性包茎が恥垢を溜めて不潔だという連想が、子宮がんの原因になるというやや飛躍したイメージに結びつき、そしてその汚れや臭いが仮性包茎でもない訳ではない、さらにふだん包皮を被っている亀頭は過敏であり、早漏の原因になる、と考える女性が増えてきたからです。

一般に女性はブライダルエステなどで自分磨きに余念がないので、相手に求める基準も高まるのでしょう。

真性であれば当然として、仮性であっても包茎手術を受ける方がよい、という考えはこうして広まりました。
今日では初老の男性も将来介護を受けることを想定し、手術で仮性包茎を治したいという人もいます。

包茎手術・包茎治療を岡山市でするならココがお勧めへ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ