包茎手術の内容とは

包茎手術の内容とは

包茎は何らかの感染症によって、亀頭と包皮が癒着してしまったり、包皮を無理やり剥いたときにできた傷跡が硬化するなどが原因で起こる後天的なものが多く、治し方には包茎手術と矯正の2種類があります。

メジャーなのは包茎手術で、専門クリニックや美容クリニック、一般病院の泌尿器科などでも行われています。
余分な包皮を取り除くといった包茎手術の内容はどこで受けても変わりませんが、手術方法や仕上がりの具合などは医療機関によって異なります。

包茎手術は余分な包皮を切除する術法が一般的ではありますが、他にも包皮を切除せずに包皮口を広げるように強制する術法などがあります。

基本的に仮性包茎、真性包茎、カントン包茎の違いで内容が変わるということはありませんが、真性包茎で亀頭と包皮が癒着している場合には包皮の切除だけではなく、その癒着を取り除く施術もあわせて行われます。

一般病院が施す場合には、あくまでも包茎による健康被害を防ぐことが目的となるので、傷跡など術後の仕上がりに関して特別な配慮がなされることはありません。

また包茎手術は医療機関によっても費用が異なってきます。
一般病院の泌尿器科に比べると専門クリニックや美容クリニックは割高ですが、仕上がりには配慮がなされます。

包茎手術・包茎治療を岡山市でするならココがお勧めへ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ