包茎手術ではどのような条件があれば公的保険が適応できるか

包茎手術ではどのような条件があれば公的保険が適応できるか

包茎手術を受ける場合の手術費用は手術を受ける人の包茎の程度によりますが、どのような場合であっても10万円を超える高額の費用がかかります。
しかし、所定の条件があれば公的保険を適応して包茎手術を受けることができ、自己負担する費用を軽減させることができます。

包茎手術において公的保険が適応可能になる条件は「真性包茎を治療するため手術を、泌尿器科のある保険医療機関で受けること」です。

泌尿器科以外に包茎手術を受けることができる場所には美容整形外科や専門クリニックがありますが、これらは基本的には保険医療機関の指定を受けていないので保険適応は出来ず、費用は全額自己負担となります。
また、適応される症状は真性包茎のみであり、仮性包茎やカントン包茎などの他の症状の場合は手術費用が全額負担となります。

真性包茎において、手術の仕上がりにこだわりがなく、できるだけ安く治療を済ませたいと考えているのであれば、保険が適応できる医療機関で手術を受けるべきです。

しかし、保険が適応出来ない施設で手術を受けた場合は、仕上がりまで考慮して手術を行ってくれることが多いです。

包茎手術を受けることを考えている人は「仕上がりの良さと手術費用の安さのどちらを重視するか」をよく考えてから手術を受ける場所を決めると良いでしょう。

包茎手術・包茎治療を岡山市でするならココがお勧めへ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ